ストライクフリーダム作ってます!③

慣れない表面処理に悪戦苦闘。でもでも着実に完成に近づいてます!

どうも ちょんすけです。

前回に続きストフリの腰、胸について気づいたことをご紹介していきたいと思います。それににしてもプロポーション良きですねぇ。ばらしたパーツを処理しては、すぐ組み立ててニヤニヤする。これのせいで時間かかってるな、たぶん…

↓まずは腰から!↓

↑↑
フロント
リア
↓↓

よくあるHGのパーツ構成です。フロントのスカート部分は真ん中をニッパーで切って左右で独立可動できるようにしました。珍しい金色のパーツ。ストフリたる配色ですね。

↓サイド↓

珍しいのはこの部分。あら?サイドのアーマーは?てか、レールガンは?その答えは胸部にあり!

↓胸部じゃじゃーん↓

こっちについてましたぁー!珍しい作りですよねぇー。

前から見るとこんな感じ。

脚部と合わせると違和感なし!これだけ見るとレールガンは腰にマウントしてあるかのように感じます。

後ろからだとこんな感じ。でもなんでこんな構造にしたんでしょうねぇ。サイドにも何かつけられそうな感じなのに。なんでなんでぇ…気になるその答えは…

シャキン!

レールガンが後ろに移動!!そしてそして…

ガシャコン!!

ビームライフルを腰にマウントできるんですねぇ!そうなのぉ!!

再び前から。実際に作るまでこんなギミックがあるなんて気づきませんでしたね。そしてピーンときました!

だからあの時ライフルを上空に投げて真剣白刃取りしたのね…と。腰にマウントしてたらそのあとレールガン打てないもんね!そして再びライフルキャッチ!ほんと凄すぎでしょ。

分かる人には分かるはず!個人的に好きな名シーンの勝手に解釈でした。

話はそれましたがレールガンの発射体制。ここは苦手な合わせ目けしで結構苦労しましたが、なかなかうまくできたと自負しております。胸部はパーツの分割も良く、合わせ目も目立ちませんし色分けも良好ですね。

個人的に、この腰あたりから出てくる武装好きなんですよねぇ。F91のヴェスバーとか♪

今回はこの辺で、次回は腕、頭をご紹介していきたいと思います!最終的に待ち受ける羽の部分、時間かかりそぉ。ニヤニヤする時間減らしてペースあげるぜぃ!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です